スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月15日(火)富士公園

冬は晴れ率が高く、えどっ子の日は天気が良い日が多くて
比較的楽なのですが、たまにやって来ます。こういう日が。

前日は夜から雪が降り出して。
P2141095.jpg

「こりゃ明日は中止かも。。。」
なんて仕事帰りに思っていましたら
子ども達、雪見て興奮して寝ていませんでした。

翌朝は、「バチッ!!」っと目を覚ましてやる気マンマン。

やるしかないか。と雪の中でのえどっ子でした。
P2151098.jpg

自転車で富士公園にやってくる方が殆どですから
今日みたいにリスクが高い日は、安全最優先の参加率です。

でも「雪を心待ちにしていた!」のはKも同様だったようです。
P2151113.jpg

Kは一番乗りで、既に雪だるまも作り、雪解け水で遊んでいました。

朝は一面真っ白。ひさしぶりだ。
P2151100.jpg

Aちゃんもきて、久しぶりに3組の少人数のえどっ子です。
P2151117.jpg

今日のメニューはポトフ。

私ポトフ造ったことないんです。ということで
コンソメを持ってきてくれたKママに聞きながら調理です。

子ども達はもう雪を満喫。
癇癪の一つも起こさない子ども達をのんびり見ながら
お母さん達はいろんなお話が出来たようです。
P2151141.jpg

だからこの日はモノスゴーク穏やか。
天候が回復して、暑いぐらい晴れたのも幸いしました。
P2151135.jpg
P2151136.jpg

ポトフもおいしく出来ました。
。。。ただ、遊び足りない子どもは食うより遊び。が勝っていたみたい。

当たり前ですが結構ぬれたので
カマドの残り火を利用して服を乾かしてみました。
P2151140.jpg

みるみる雪のなくなった公園を縦横無尽に遊びまわってこの日は終了。
P2151149.jpg

この日の出来事は、色々あったと思うのだけれど
あまり思い出せず、ただただ楽しかった記憶だけが残ります。
ちょっとだけ自然の力に触れたような気がした一日でした。

テーマ : パパの育児
ジャンル : 育児

2月8日(火) 富士公園

昨年秋から、だいぶのご無沙汰をいたしました。

不規則になってしまっていますが、温かく見守っていただけたらと思います。

そんなで、ブログが滞っている間も活動は続いておりました。

2011年からは
「毎火曜のお昼ご飯のメニューを皆で決めましょう。」
としてみました。

カレー、トン汁、ラーメン、シチューときまして

この日はおでん。

作る方もバリエーションがあって楽しいです。

P2080910.jpg

。。。しかし、寒い!
なので、今年初めてカマドを2基あげました。(1基は暖房用)
暖房用はお母さんが点火。
P2080912.jpg

すごくたのしそう。

子ども達は、こちらの「寒い!」を吹き飛ばすぐらい元気
P2080915.jpg

でも、こういう日は怪我に注意。
子ども達って、寒い時によく度を過ぎた行動をしがちなので。
どうも寒いと限界が分りにくくなるようです。

寒い時は、無茶と無理の判断をサポートしてあげたいですね。

この日は、久しぶりに来たAちゃんがおでんのお手伝いをしてくれました。

久しぶりに来たせいだと思うのですが、
どうやってまわりと溶け込もうか考えているようでした。

この日は結構いろんな材料が集まりました。

おでん。できあがりです。。。おでんか?
P2080928.jpg

でも好評で、みんな沢山食べてくれました。
P2080943.jpg

食べ終わった子から随時遊びに復帰です。

お昼の前にみんながなにやら風船を貰っていました。
P2080948.jpg

みんな風船を貰って楽しそうでした。。。
でも、「貰う。」ということが嬉しいのでしょうね。
風船持って走るだけで大喜び。たのしそうです。
P2080951.jpg

この日は、Rが午後からお父さんと一緒に参加してくれました。

おでん残ってて良かった。冷めちゃったけれどね。

そんなこんなでミーティングをして終了しました。
P2080959.jpg

火曜日はなかなか子ども達を見たり、ミーティングに参加できないのが
少々残念なのですが、でも小さい子も大きい子も
会話が噛み合うようになってきました。
すると、子ども達から意外な言葉が出てきてびっくりする事がよくあります。

子どもと本気でいい加減な会話をもっと楽しみたいなぁ。
なんて思っています。

テーマ : パパの育児
ジャンル : 育児

集団のチカラ

PA080128.jpg
えどっ子は多くの人が集まる場所を活動拠点においている事もあり
よく幼稚園等の集団の人たちを見かけることがあります。
うちの子供たちが絡んでいく事もチラホラ。。。
逆にカマドの火に興味を持つ幼稚園児たちもいたり。。。
まぁ、意図せず接近遭遇する事があるのですが。

いつも思う事は、
「幼稚園って大変だなぁ。。。」
なのです。

たいがいは
「あの人数の子ども達をあんな少ない人数の保護者でコントロールする!」
事の大変さを見てとっています。

先日も幼稚園の遠足?のような一団がやって来ました。
ただ、その後ろから親御さんらが、わんさかいていつもとちょっと違う感じ。
言っちゃあ悪いですが、まるで大名行列のようでした。

やってきた方々は、ただ歩いているだけです。
自分の子どもの写真を撮るだけです。
子どもと食事をするだけです。
何も特別な事などしてません。

でも感じるわけです。何かのチカラを。

多分、遠足?に参加されている方々が私の感じているチカラを知覚する事はないと思います。
だってなにもしていないのですから。

”集団”というのは存在するだけでチカラが生まれるのだなぁ。
と改めて感じました。

それはまぁいいのです。

問題は。
「そのチカラの恩恵を意識する事が出来ない。」
ということです。
PAP_0056.jpg

うちの子(2歳)が遊具のつり橋で遊んでいました。
幼稚園?の子も遊びはじめました。
3人、4人と増えていき、どんどん橋は揺れていきます。
あの、「橋の揺れ。」って子ども達のツボなんですよね。
味をしめた子どもたちはわざわざゆすり始めました。
。。。よろこぶうちの子(2歳)

さすがにやばいなぁ。と思いうちの子を退場させに橋に入っていきました。
その際に
「危ないぞ。」
と声を掛けながら、子ども達の頭に手を添えていきました。
そしてうちの子を取り上げて橋を下りていく時、子ども達の声が聞こえました。

「危ないって。」「危ないんだよ。」
といいながら橋を下りていき、登ってくる新たな子ども達に声を掛けていました。
え?!思わず振り返ってしまいました。
「そんなことぐらいでやめてしまうの?」「やりたくてやっていたんじゃないの?」

いいようにいえば「素直」ということかもしれません。
でも私には「無責任」にしか感じられませんでした。

自分の子どもの経験に照らし合わせてみると
「楽しい事=危ない事」
はセットです。多かれ少なかれスリルのあるなしが、楽しさの基準でした。

あの子達は何を基準にして橋をゆすっていたんだろうか?
あの子達は楽しさを奪われる事に未練はないんだろうか?

「いいのか?それで??」

。。。楽しくてやっていたわけではない。。。のかなぁ。

思うに。これが”集団のチカラ”なのかなぁ。と。

何かをただ一生懸命やっているだけ。
彼らは”なにか”をやらなければならない状況に立たされているのではないだろうか?
その状況に立たせているのが”集団のチカラ”なのではないだろうか?

確信もない、根拠もない。でもそんなふうに考えるぐらいしか仮説の立てようがない。

うーん。。。

その日、えどっ子のあと発見きちにお邪魔しました。
P5210128.jpg

小学生ぐらいの子達かな。七輪で火遊び。
管理者を上手くなだめて、七輪の上に半分に割った丸太を置いて
”燃やす”というよりは”七輪の蓋代わり”に使いながら丸太を焼いている感じ。
その子は何か思うところがあってやっている様子で、中々興味深い光景でした。
その後、葉っぱを燃やす際に七輪の周りが葉っぱだらけになっても
全く警戒心がなかったのがもう我慢できなくなってしまって
「お前ら雑だなぁ。」
「だんだん腹立ってきたぞ。」
とか言いながら、葉っぱを足でどかしてしまいました。
その後、「雑なこと~」とか言いながら葉っぱをばら撒いているのを見て
ちょっとむかつきながら「よし、よし。」と思っていたのですが。
仕事の関係で早退してしまい、緊張感だけ作って退散してしまったので
申し訳なかったかなぁ。とちょっと心配しています。

でもあれこそがやりたい事をやっている子どもの姿だろうと思うのです。
彼は見ていた限り、その七輪からは全く離れませんでした。
慕ってくる小さな子どもに、自分が何をしているか説明していました。
そして大人の意見には一切うなずきませんでした。(苦笑)

単に年齢だけの差ではないものがあるのではないかと思っています。

子ども達が何をやるにしても
”やりたい”のアンテナと”やりたくない”のアンテナを鈍らせてはいけない。
これはきっと命に関わることです。
”集団のチカラ”はこのアンテナを鈍らせる力があると思っています。
P9210064.jpg

人間はこの”集団のチカラ”を使って繁栄を築いています。
”集団のチカラ”を無視して生きていくことは困難な事だと思います。(私にはムリ)
でも、そのチカラの弊害もよくよく認識しなくては。
あんな大きな力に弊害がない。と考える方が異常です。
オゾンホールだって個人で穴を開けたわけじゃないし、
個人で穴をふさぐなんて出来ないのですから。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

10月8日(金)富士公園

PA080127.jpg

この日のえどっ子は、前回の経験?を生かしてバーベキュー広場をベースにしてみました。
前回ほどではないにせよ以前に比べてほんとに穏やかな活動になりました。
活動後のミーティングで
「この場所だと遊具の公園が見えないのが良いのではないか?」
という意見がありました。なるほど~。
とはいえ、この日は遊具に遊びに行きましたけれどね。
PA080134.jpg

前回の続きできのぼり。かなり楽しいみたいです。(特にうちのD)
PA080142.jpg

自転車置き場付近は昔から子ども達の溜まり場として定着しています。
坂がいいのか?スズメがいいのか?
PA080157.jpg

そしてどんぐり拾い。
Hママが拾ったどんぐりを割って中身を取り出していました。
。。。大繁盛です。
PA080145.jpg

シャボン玉。
今、えどっ子は2歳組が多いので、シャボン玉を吹き出すのはチャレンジ色が大きいのです。
PA080161.jpg

らくがき。
地面のらくがきもいつのまにか始まっていました。
これはお母さん対抗画力対決!?みなさん上手で子ども達に引っ張りだこです。
でも、書く者いれば消す者もいる。で、消して回るDとY。
消してまわるときの意地悪な顔ったら。
PA080165.jpg

金曜日のお昼はお弁当。「ばくばく!」食べていたのはHぐらいで
あとはみんな遊びに夢中。
PA080176.jpg

何とかひとまとめにしてミーティングをしてこの日は終わり。
PA080195.jpg

この日はどこかの幼稚園?の遠足か何かで、相当の親子が私たちの周りを取り囲んでいました。
PA080148.jpg

それが無ければもう少し穏やかだったかも。。。
それでも以前より穏やかなのだから、場所。って大切だなぁ。と思った次第。
PA080129.jpg

テーマ : パパの育児
ジャンル : 育児

良いモノは見つからない。(見つけないほうが良い?)

PA010407.jpg
「良いもの。良い事。」又は「正しいもの。正しい事」
というのはほんっとにみつからないなぁ。と思っています。
「悪いもの。悪い事。」
というのはいつも瞬時に見分けがつくのですけれどね。

何故「良い。正しい」は見つからないのかなぁ。
と考えていましたら。。。

「あ。良い!や正しい!という事はいっぱいあるんだ。」
と閃いてしまいました。
なぜか?
「だって悪いこと以外は全て良いことでしょ?!」
・・・・・・・・・・・・
でも、世の中そんな単純じゃないですよねぇ~。
”良い”と”悪い”の間にはなんかグレーゾーンがありますよね。

私は、出来れば”良い”は一つに絞りたい。
”一番良い”を見つけたいと思うほうです。
すると、どれが”良い”か分らなくなるんですね。取り捨て出来なくて。

「でもまぁそれぐらいのほうがいいか。」と思うようになりました。

不思議な事に一番の”良い”が見つかったら
その他の全てのものが”悪い”になるんです。
こっちはグレーゾーンが無い気がします。

人生の道が一本道で、先に越えられない壁があったとき
その人は一体どのような選択をするのでしょう?
まったく良いイメージが浮かびません。

子どもたちは”良い”、”悪い”の区別が私達より上手く出来ません。
それは私達より経験値が低いからでしょうね。
”良い”を絞り込んだらそれはすなわち生きる道を減らす事で
”悪い”を減らせばそれは生きる道を増やす事だと思っています。

だったら!私は”悪い”を減らしたい。

これは私が自主保育を選択している大きな理由のひとつです。

そしてこれは「子どもに教えられたなぁ。」とも思いました。
私自身も生きる道の中で出来るだけ”悪い”を減らしておきたいぐらいですから。

ただ。。。”悪い”がなくなる事は無いですね。”良い”もなくなってしまうものね。
PA050114.jpg

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール

edohiro

Author:edohiro
東京・江戸川区で2008年1月より自主保育活動を始めた「えどっ子」の活動ブログです!
幼稚園や保育園以外のもう一つの選択枝「自主保育」。子どもと一緒に成長したい、のんびり子育てしたい方、大歓迎♪
見学・体験・お問合せフォームはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。