スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月26日 富士公園~なぎさ公園

先週の金曜日は、「富士公園内のフラワーガーデンからなぎさ公園まで散歩しよう!」
という企画でしたが、フラワーガーデンで水遊びをしすぎたため富士公園を
横断することすら出来ませんでした。
で、今週は火曜日に利用する”炊き出し広場”(※正式名称ではありません)から
なぎさ公園にぬけてみよう。という散歩企画第2弾です。

この日はDが「公園遊具で遊ぶ!」と言い出していきなり散歩を否定してくれたのですが、
なだめてごまかして出発です。
しかしこれもHが”山から行こう!”と言ってくれなかったらどうなっていたことやら。。。
Hはほんとに良くこちらのやりたいことに気がついて実際やってくれます。
「優等生と劣等生。でも二人は仲良し。」な感じです。
劣等生側の親としては「う~ん。。。」複雑な気持ち。
P6260079.jpg

現在私たちが活動している公園は、管理されている公園で豊かな自然環境と呼ぶには
足りない所が多い公園ですが、それでもこんなドラマを見る時もあります。
P6260086.jpg

蜂。まだ生きてはいるのですが、蟻に引きずられもがいてるところです。
HもDも“じー”と見てました。彼らの中にきっと何かが残った瞬間。

そんなこんなでなぎさ公園へ。あ、この日は2組ではなく3組。1歳年下のSも散歩に加わっていたのですが、1歳違うとありとあらゆるスピードが違うので上の子達と同じペースでは動きませんね。年下も仲間がいるとまた楽しくなりそうです。ちなみにこんな年下にも配慮できるのがH。とってもやさしい3歳です。遺伝子なのかしつけなのか?いつか聞いてみよう。。。

なぎさ公園には馬がいます。ということで子どもたちは乗馬体験です。
c-uma.jpg
親たち全員びっくり。HとDは一人でしかも喜んで乗ってるし。Sも最初はびっくりしていたようですが、一人で乗ってるし。一番ちっちゃいTも泣かずに乗ってるし。
「あれ?以前はこんなこと出来たっけ??」
うちでいえば馬に乗るのも生馬を見るのもほぼ一年ぶり。
去年はびびって泣いて乗れなかったのに。なぜ?って感じです。
子どもはやはり親たちが思うよりも沢山の経験をしてびっくりするぐらいの成長を
毎日しているように思います。うちはおっぱいとかオムツはまだまだですけどね。
26-nikki1.jpg
散歩が終点し、公園遊具で遊ぶ。見てると公園遊具も良いかな。って気になるぐらい元気。
ごめんよ子どもたち。問題はむしろ大人のほうにあるのです。
それとあと少し不慮の危険が私たちの手の近くにあれば。。。

お昼ごはんだ公園だ砂場だ富士公園に帰ろう云々かんぬんで、戻ってお話して解散。

散歩は内容が濃いです。また散歩したがるかなぁ。「する!」っていったら考えよう。
まだまだ梅雨入り中。雨の心配ばかりです。

テーマ : パパの育児
ジャンル : 育児

プロフィール

edohiro

Author:edohiro
東京・江戸川区で2008年1月より自主保育活動を始めた「えどっ子」の活動ブログです!
幼稚園や保育園以外のもう一つの選択枝「自主保育」。子どもと一緒に成長したい、のんびり子育てしたい方、大歓迎♪
見学・体験・お問合せフォームはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。